2018年10月3日

おせちにはおめでたい意味がある

国内には、昔からお正月に食べるお料理として世のなかで習わしになっているものが、誰にでも懐かしいおせちであります。

新しい年度となった元日に、家族そろってこのおせちの料理を食べることは、今年も元気で無事に過ごすという願いを込めて食す習慣の一つとなっています。したがって、おせちの料理の一つひとつの種類には、それぞれおめでたい意味が込められているのです。

昔と比べれば、近くのスーパーでも年度末から一斉にお正月商品が並べられることで、いよいよお正月がくるといった気分になるものです。しかしその内容といえば、お正月だけの商品なだけに価格的には割高であり、かまぼこ一つ購入するだけでもかなり高くなっているのが通例です。

おせち料理にはかずかずの種類があるために、一品だけということもできず、それらを揃えることでかなりの出費を要します。これが昔であれば、それぞれの種類の材料を購入し、その家の主婦が手作りで全部作ったものです。

黒豆一つとっても、仕上がりの時間を考えて作ることになるので、時間をさかのぼって、適当なころから水に浸して準備することが必要になります。このように、自分で作るためには何から何まで時間のかかることが多いものですが、家族の幸せと無事を願って心を込めて作るのです。

今では時代も変わって、このように手間暇かけて全部作るという方は少ないようですが、おめでたい年度のお正月には家族そろっておせちを食べる習慣が欲しいものです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です